AX

人身 物損 違い

交通事故示談金の相場

人身事故と物損事故の違い

読了までの目安時間:約 4分

交通事故には、人身事故と物損事故があります。

 


スポンサードリンク

どちらにも共通していえることは、
人身事故、物損事故を起こした際には、
必ず警察に届け出もしなければなりません。

 

 

事故証明がないと保険はおりない!

例えば、コツンと当たったくらいの
なんともない物損事故を起こしたとしても
後からいろいろと言われる可能性もあり得ます。

 

また、任意保険に加入していると思うので、
その場合は保険金が出る場合もあります。

 

その際に、必ず必要になってくるものが、
事故証明です。

 

 

この事故証明は、交通事故が起きた時点で
警察に届け出をしていないと事故証明が取れません。

 

なので、保険金は出る状態だとしても、
事故証明がないと保険金はもらえない、
ということになります。

 

 

物損事故と人身事故における加害者の状況

また、物損事故人身事故について、
物損事故になると、加害者側に有利になります。

 

なぜかというと、点数も引かれず
保険会社で示談交渉をしてくれるので
何もないからです。

 

また、物損事故の場合には、警察は関与しません。

 

しかし、人身事故の場合には、
加害者には不利になります。

 

人身事故には、怪我が絡んでいるので
警察が関与します。

 

人身事故になれば、
加害者の点数が下がる場合もあります。

 

なので、加害者側とすれば、
人身事故にするのは避けたいところです。

 

しかし、通院が必要になれば、人身事故になります。

事故後の対応は警察に任せて

できるだけ、交通事故は起こしたくはないですが、
こちらがどれだけ気をつけていたとしても、
起きてしまうこともあります。

 

人身事故の場合は、
見舞金が多めに出たりすることもあるようです。

 

事故が起きてしまった場合は、
まず落ち着いて、警察に連絡をすること
大切だと思います。

 

その後は、警察の方が誘導してくれます。

 

どのような事故だったのか、
どこか怪我をしているところはないのかなど、
様々なことを聞かれます。

 

 

それに、正直に答えればいいわけですね。

 

警察は、対等の立場で処理をされますので、
その現場で、どちらが悪い、
というようなことは伝えません。

 

そのあとの対応は、
任意保険会社同士の、
示談交渉サービスになるわけです。

 

警察には余計なことは言われません。

 

淡々と現場の確認をし、被害状況の確認をし、
間違いないかを検証し、事故を受理し、
事故証明をするのです。

事故にあう可能性を考えて

人身事故はよく起こっています。

 

とにかく、安全運転を心がけること
気をつけていても事故にあう可能性が高いということ。

 

必ず、車を運転するなら
任意保険に入っておくこと
オススメします。

 

事故がなくなるといいです。


スポンサードリンク

 

タグ :    

交通事故の種類 交通事故 物損

この記事に関連する記事一覧

【カービュー】事故車を高く売却できる、無料一括査定サイト


事故車は廃車にするよりも事故車買取業者がおススメです。事故車買取業者を使えば、廃車の手間はかからずにそのまま車を売却できます。 査定は複数の買取業者に依頼できるため、驚きの高額査定がつくこともあります。
交通事故

車・バイクの買取サイト

ユーカーパック

ユーカーパックは、今までの車の売り方の1つだった「一括査定」と比べ、『より高く』『より簡単』『より安心』に車を売ることの出来るサービスです!

カービュー

ソフトバンクグループ「カービュー」による中古車の事故車査定

バイク王

CMで有名なバイク王



スポンサードリンク