AX

交通事故 加害者 お見舞い

交通事故示談金の相場

【交通事故】加害者となってしまったらお見舞いは必須です

読了までの目安時間:約 4分
交通事故 加害者 お見舞い

交通事故はできるだけ起こしたくないですよね。

 


スポンサードリンク

 

しかし車を運転している以上、

事故は付き物と思うしかありません。

 

 

どんなに自分が注意をして運転していたとしても、

貰い事故というのもあります。

 

 

なので、

少しでもリスクを減らすために、

任意保険にはできるだけ入っていて欲しいと思います。

 

 

任意保険に入っていると良いことが沢山あります。

 

 

事故の相手が無保険だった場合などでも、

自分の任意保険で対応して貰えることもあります。

 

 

今回は事故のお見舞いについてです。

 

 

事故を起こしたらお見舞いに行くのが礼儀?

 

 

もし事故を起こしてしまったら、

お見舞いにいくのが礼儀だと思います。

 

事故 見舞い 礼儀

 

自分が加害者なら、

被害者をの住んでいる住所を聞いて、

菓子折りを持って、

相手の身体の様子を見に行くのが良いでしょう。

 

 

しかし、

お見舞いに行ったら行ったで、

お金の交渉をされることも多いと思います。

 

 

自分が加害者で悪いことをした、

という気持ちになるのはとても分かります。

 

 

しかし、

お見舞いにいった先では、

絶対にお金の話はしないようにしましょう。

 

 

もし、

そう言った話しをされてこられたのであれば、

自分は事故を起こしたことも初めてな上に、

今後の対応の仕方も全然分からないため、

全て保険会社に一任しています、

ということを伝えて欲しいと思います。

 

 

お金の話は後から揉める元です

 

 

お見舞いにいったら、

もちろん事故同時の話しになり、

お金の話にらなるのも分かります。

 

金 話 揉め

 

しかし、

そこでお金の話はしてはいけません。

 

 

後から揉める元となってしまいます。

 

 

あの時あんな風に言ったのに、

となればこちらも困りますよね。

 

 

なので、

加害者としては被害者の様子伺いに、

菓子折りを持って、

お見舞いにいくことがあると思いますが、

絶対にお金の話はしないように心がけましょう。

 

 

そして、

その後はあまり会わないようにすると良いと思います。

 

 

保険会社の示談サービスを利用しよう

 

 

直接何か言われたりされた場合には、

必ず保険会社を通して貰うようにお願いしてください。

 

保険会社 示談サービス 利用

 

その万が一の為に、

車を運転する際は任意保険に加入するのです。

 

 

毎月または毎年、

保険料も収めていますので、

任意保険会社の示談サービスを利用しましょう。

 

 

当事者同士で話しをしてしまうと、

取り返しのつかないようなことにもなりかねません。

 

 

保険会社はそういう事故にも慣れていますので、

是非頼って欲しいと思います。

 

 

お見舞いは個人の考え次第ですが、

私は2、3回行けば良いと考えています。

 

 

もちろん、

1回でも良いと思います。


スポンサードリンク

 

タグ :   

交通事故 謝罪 交通事故 菓子折り 交通事故 謝罪 交通事故 謝罪 交通事故 謝罪 訪問

この記事に関連する記事一覧


スポンサードリンク