AX

当て逃げ事故 体験談

交通事故示談金の相場

当て逃げ事故の体験談と対処法を解説

読了までの目安時間:約 5分

当て逃げ事故、

ずっと他人事と思って

毎日過ごしてきましたが、

突然起こるのが

事故というものです。

 


スポンサードリンク

 

 

私の場合、

お正月 実家に帰省中

の時にやってきました。

 

 

私の実家は雪国で

年々降雪量は少なく

なってきてはいるものの

やはり雪が降ります。

 

 

しかもいつもは夫が

運転してくれる事が

多いのですが、

たまたま私一人で

運転していた時に

事故は起こりました。

 

 

夕方の忙しい時間帯、

路面も雪で凍結気味

だったのでいつもより

慎重に車間距離も

だいぶ多めにとって

運転していました。

そしたら、後ろから

ガツン メリメリ

という音とともに

衝撃がきました。

 

 

「はぁ、これは当てられた」

と思い、ハザードランプをつけ

近くのお店の駐車場に

停めました。

 

 

すると加害者側の車も

駐車場に停めてきました。

 

 

みると中年女性で

すぐ降りてきて

 

 

「大丈夫ですか?

ケガはないですか?」

 

 

と声をかけてきました。

 

 

私は以前にも

大事故に巻き込まれた事も

あっったので、

また 巻き込まれたという事に

ガックリきていて

ノロノロと車からでました。

 

 

そしたら加害女性が

「私は警察に連絡するので、

あなたは保険会社に連絡して下さい。」

やけに慣れた感じで

テキパキ言ってきました。

 

そして私が保険会社に

電話していたら

急に加害女性が

 

 

「私この近くにアルバイトしている娘を

迎えに行く途中だったんです。

警察は連絡したし、

娘も待っててかわいそうなので

迎えだけ行ってきていいですか?

10分もかからないんで

お願いします。」

 

 

と言って来ました。

私は、通話中に話しかけられた事もあり、

保険屋さんには

とりあえず警察来てから

もう一度連絡するように

との事だったので

一度電話をきりました。

 

 

その日は雪で吹雪いて

いたので ちょと気の毒になり

 

 

「分かりました。

でも 免許証番号控えさせて下さい。」

 

 

と言ったところ

急に車に乗り、

走り去っていきました。

 

 

あまりに突然で、

車のナンバーも覚えれず

今考えば 写メをとれば

良かったのですが…

 

 

でも、警察には連絡した

という事をとりあえず信じて

少し待ってみましたが、

やはり 誰も来ず、

加害女性も当然

戻って来ませんでした。

 

 

そこで 警察に電話した所

やはりそんな電話は

来ていないとの事でした。

 

 

つまり当て逃げ事故に

あってあってしまった

という事でした。

 

 

その後 警察でこんな感じの加害者だった事

起こった事伝えましたが

何せ車のナンバーがわからず

犯人を特定するのは無理だと

言われました。

 

 

その日の 周辺コンビニにも

聞き取りしてくれた様ですが、

該当者がいないとの事でした。

 

 

当て逃げ事故をされて学んだこととは

 

今回の当て逃げ事故で

学んだのは車のナンバーだけは

絶対控えないと行けない事

何を言われようとも

警察が来るまで

お互い動いてはいけないこと

逃げる前にナンバーさえ

控えていればまだなんとか

探し出せ車の修理代など

請求出来かもしれません。

 

 

今回の当て逃げ事故は

やたら加害者側が

手慣れている感じだったので

常習犯だろうねと言われました。

 

 

幸い身体にケガなど

無かったので

良かったものの

今思いだしても腹がたちます。


スポンサードリンク

 

タグ : 

交通事故の示談金交渉

この記事に関連する記事一覧


スポンサードリンク