AX

交通事故 貰い事故 対処方法

交通事故示談金の相場

【交通事故】貰い事故に遭った時の対処方法とは?

読了までの目安時間:約 5分
交通事故 貰い事故 対処方法

交通事故の中には、

貰い事故と呼ばれるものがあります。

 


スポンサードリンク

 

こちらに過失がないのに相手に突っ込まれた、

或いはぶつけられたといった事故を、

このように呼んでいます。

 

 

この貰い事故の場合は本人に責任がないため、

任意保険に入っている人でも、

保険会社に示談交渉をして貰うことができません。

 

 

そのため、

貰い事故に遭った場合の対処方法を、

まず知っておくようにしましょう。

 

 

事故の届けは人身としておくことが大事です

 

 

まず警察に連絡し、

加害者の個人情報や加入している保険会社、

そして車両番号などを控えるようにします。

 

事故 届け 人身

 

その後、

それぞれの保険会社に連絡を取ります。

 

 

また事故の届け出は必ず人身事故とします。

 

 

もし物損事故として届けてしまうと、

車両や本人の衣服、

持ち物だけが賠償の対象となってしまいます。

 

 

それでは後でむち打ちなどの症状が現れた時に、

保証をして貰うことができません。

 

 

そして、

すぐに通院を開始するようにしましょう。

 

 

また事故後は警察ときちんと連絡を取って、

現場検証によって作成された資料を、

示談交渉で利用できるようにしましょう。

 

 

貰い事故の示談を交渉するにはどうする?

 

 

ところで貰い事故の場合の示談交渉ですが、

保険会社がやってくれないので、

自分で行うか或いは弁護士を頼むかになります。

 

貰い事故 示談 交渉

 

実際、

法について素人の場合はかなり交渉が難しいので、

交通事故に強い弁護士に依頼すると良いでしょう。

 

 

また加害者が支払う賠償金には、

入通院慰謝料と後遺障害慰謝料という、

2つの種類があります。

 

 

後者の方は、

もし後遺障害が出た場合に、

その等級認定が行われてから支払うことになります。

 

 

また慰謝料の基準には、

自賠責・任意保険・裁判所、

または弁護士の3通りの基準があり、

自賠責が最も低めに設定されています。

 

 

任意保険は、

それぞれの会社の基準によりますので、

一概に金額の高低は決められません。

 

 

しかし、

裁判所または弁護士の基準の場合は、

かなり慰謝料の額は高くなります。

 

 

貰い事故で賠償金を貰うには自分に過失がないこと?

 

 

このような点から見ても、

弁護士に示談交渉を進めて貰った方が、

大きなメリットがあります。

 

貰い事故 賠償金 過失

 

もし弁護士費用特約のついた保険に入っておくと、

その費用をカバーすることができます。

 

 

しかし、

貰い事故であったとしても、

被害を受けた本人にも過失があった時は、

また事情が違って来ます。

 

 

例えば、

走行中に急ブレーキをかけて急停車し、

後続車に追突された場合は、

被害者にも責任があるとされます。

 

 

そして、

わき見運転や居眠り運転などで、

他の車両に追突された場合は、

被害者にも過失があると認められることがあります。

 

 

貰い事故で賠償金を受け取るには、

明らかに被害を受けた側に、

過失がない場合に限られる点に注意しておきましょう。


スポンサードリンク

 

タグ :   

交通事故 弁護士 交通事故 警察 交通事故 現場検証 交通事故 警察 交通事故の示談金交渉

この記事に関連する記事一覧


スポンサードリンク