AX

交通事故 慰謝料 弁護士

交通事故示談金の相場

【交通事故に遭った】慰謝料の交渉は弁護士に依頼しよう

読了までの目安時間:約 4分
交通事故 慰謝料 弁護士

交通事故はなるべく起こしたくないものですが、

ちょっとしたことが原因で起きてしまい、

ダメージを受けてしまうこともあります。

 


スポンサードリンク

 

そのような場合には、

相手に慰謝料を請求できます。

 

 

しかしそのことは理解していても、

いざそうなった時にどのように請求するのか、

或いは誰に依頼すれば良いか分からない、

ということもあります。

 

 

ですから、

普段から事故に遭った時を想定して、

どのような方法を取るべきかを考えておきましょう。

 

 

慰謝料の基準には3つあります

 

 

まず慰謝料の基準についてですが、

これには自賠責保険基準・任意保険基準、

そして弁護士基準の3つがあります。

 

慰謝料 基準 3つ

 

この中で、

自賠責保険基準は最低限の補償となっているため、

慰謝料の額が一番低くなっています。

 

 

次に任意保険基準ですが、

民間の保険会社が展開している、

いわゆる自動車保険のことです。

 

 

この場合は自賠責基準よりは、

高額の慰謝料を手にすることができますが、

保険会社によって相違があります。

 

 

そして弁護士基準ですが、

慰謝料を受け取るのであれば、

これが一番お勧めの方法です。

この方法は裁判所基準とも呼ばれています。

 

 

弁護士基準だと慰謝料が高額になる?

 

 

弁護士基準は、

自賠責保険基準や任意保険基準と比べると、

法にのっとった公正な判断がなされ、

慰謝料の金額も一番高額です。

 

弁護士基準 慰謝料 高額

 

もちろんこの場合は、

弁護士に依頼して交渉して貰うことになりますので、

交通事故関係に強い弁護士に相談しましょう。

 

 

またこの慰謝料というのは、

損害賠償額の一つを指します。

 

 

通常、

損害賠償額は治療のかかる費用に加えて、

入院にかかる費用や仕事を休んだ為の休業損害などに、

慰謝料が加えられたものです。

 

 

またこの慰謝料には、

入通院慰謝料と後期障害慰謝料、

そして死亡慰謝料があります。

 

 

いずれも入通院や障害、

或いは死亡に伴う精神的苦痛に対して払われます。

 

 

慰謝料の交渉は弁護士に依頼するのが良い?

 

 

特に交通事故の場合は後期障害が出やすく、

外傷に伴う脳の障害や意識障害、

場合によっては、

下半身不随などの障害が出ることもあります。

 

慰謝料 交渉 弁護士

 

また視覚障害が起きることもあります。

 

 

こういう身体面でのダメージは、

その人の人生にも大きな影響を与えることになります。

 

 

なので、

間に弁護士に交渉して貰う方がやはり良いのです。

 

 

特に交通事故で起こりがちなむち打ち症は、

後期障害認定を受けやすく、

慰謝料の対象になりやすいと言えます。

 

 

ただし、

その一方で症状がごく軽いとか、

通院をしていないなどという時は、

慰謝料を貰えないこともあります。

 

 

そして弁護士の費用に関しては、

弁護士特約付きの自動車保険を契約すると、

その分をカバーしても貰えますよ。


スポンサードリンク

 

タグ :   

交通事故 弁護士 交通事故の慰謝料 交通事故の慰謝料 交通事故の慰謝料 弁護士基準 交通事故と保険 自動車保険(任意保険)と自賠責保険

この記事に関連する記事一覧


スポンサードリンク