AX

交通事故 人身事故 届け

交通事故示談金の相場

交通事故に遭った!~人身事故として届けることのメリットとは~

読了までの目安時間:約 5分
交通事故 人身事故 届け

交通事故に遭った時は、

まず警察に通報します。

 


スポンサードリンク

 

そして連絡を取るために、

相手の情報や、

保険会社も聞き出しておくことが必要です。

 

 

もちろん、

現場の検証もして貰いましょう。

 

 

そして事故を届け出る時は、

必ず人身事故として届け出るようにしましょう。

 

 

もし、

車両にしか欠損が見当たらない場合でも、

物損事故でなく、

人身事故として届け出、

早めに病院に行くようにします。

 

 

物損事故だと車の補償だけなの?

 

 

なぜかと言いますと、

もしその時点では特にダメージを感じなくても、

その後にむち打ちなどの症状が、

出て来ることがあるからです。

 

物損事故 車 補償

 

もし物損事故として届けてしまうと、

通院や入院加療費、

或いはその後の影響などに対する慰謝料などを、

受け取ることができません。

 

 

物損事故の場合は、

あくまでの車のダメージへの補償がメインです。

 

 

なので、

後遺症が残った場合には全て自腹を切ることになり、

かなりの出費となります。

 

 

そのためにも、

人身事故として届け出ておくことが大事なのです。

 

 

交通事故に強い弁護士に依頼しよう

 

 

そして事故後の示談を行う時は、

必ず弁護士に依頼するようにしましょう。

 

交通事故 弁護士 依頼

 

もちろん弁護士といっても得意分野があるので、

交通事故に強い弁護士に依頼するようにします。

 

 

元々慰謝料の基準には、

自賠責や任意保険、

そして弁護士あるいは裁判所の3つの基準があります。

 

 

このうち自賠責は一番金額が低くなります。

 

 

そのため多くの人は任意保険、

いわゆる自動車保険に加入して、

自賠責でできない分の埋め合わせをします。

 

 

ただしこれは、

会社によって基準がまちまちであるため、

A社の保険の基準が必ずしもB社には通用せず、

基準額を出しにくいというデメリットがあります。

 

 

また交通事故に遭っても、

状況によっては示談に応じて貰えないことがあります。

 

 

弁護士に示談の交渉をお願いしよう

 

 

そこで一番役立つのが、

弁護士に示談交渉して貰う方法です。

 

弁護士 示談 交渉

 

弁護士基準の場合は慰謝料が一番高くなりますし、

やはり法に詳しいので、

どのような事態にも、

対処して貰えるというメリットがあります。

 

 

また、

事故を起こした側は物損事故として、

短時間かつ少ない賠償金で解決する傾向があります。

 

 

しかし弁護士に頼んだ場合は、

そのような場合にも、

こちらの立場をきちんと説明して貰うことができます。

 

 

ですから事故に遭ったら、

まず人身事故として届け出る。

 

 

病院に行く。

 

 

そして弁護士に示談を依頼する。

 

 

この3つのポイントを押さえておくようにします。

 

 

もしケガをして通院しなければならない時、

しかもその後遺障害がある時、

そしてその障害により、

仕事を辞めなければならなくなった時のことを考えて、

万全の策を取るようにしましょう。


スポンサードリンク

 

タグ :   

交通事故 弁護士 交通事故 警察

この記事に関連する記事一覧

【カービュー】事故車を高く売却できる、無料一括査定サイト


事故車は廃車にするよりも事故車買取業者がおススメです。事故車買取業者を使えば、廃車の手間はかからずにそのまま車を売却できます。 査定は複数の買取業者に依頼できるため、驚きの高額査定がつくこともあります。
交通事故

車・バイクの買取サイト

ユーカーパック

ユーカーパックは、今までの車の売り方の1つだった「一括査定」と比べ、『より高く』『より簡単』『より安心』に車を売ることの出来るサービスです!

カービュー

ソフトバンクグループ「カービュー」による中古車の事故車査定

バイク王

CMで有名なバイク王



スポンサードリンク